パソコン修理asideの本音とボヤキ 

パソコン修理屋の本音とボヤキを赤裸々に

5年以上前のパソコンの修理って本当に必要ですか?

おはこんいちはこんばんは

店長です。

 

まず大前提にこの話は法人様使用の場合です。

パソコンの減価償却期間・・・4年です。

サーバー使用の場合は・・・5年です・・・

 

この状態のパソコンを修理して、3年~5年まだ使うって・・・正気なんでしょうか?

 

私は修理お断りです。

なぜなら・・・

 

5年前のパソコンなんて、今後トラブルしかありません・・・

特にメーカー製のパソコンなんて部品調達すら出来ません。

海外の怪しげな通販サイトなら在るかもしれませんが・・・

 

私は使いたくない!!

出所不明なパーツなんて嫌すぎる!!

 

それがOEM提供されているマザーボードだったりしたら・・・

次回故障で、廃棄がほぼ確定です。(汎用部品は交換できますが)

マザーボードが逝けば・・・廃棄確定!!(もしくはライセンス無視で中古か)

グラボが逝けば・・・高額修理確定!!(電源も交換してハイエンド搭載か)

モリーが逝けば・・・相性問題発生確率増大(なんか呪文みたいw)

 

こんなパソコンを法人様に提供すること自体が大問題です。

損害賠償もんです。

5年も使えば、当たり前に総てのパーツでガタが来ます、固体コンデンサーで寿命が延び様が、電気的な部品はまず劣化していきます。

 

最悪、出火することも有りますのでできれば買い替えをお勧めします。

リース品であれば尚更です、リースアップ買取であれば、もう十分元は取っているはずですので、この際買い替えてください。

 

まとめ

5年以上使用したパソコンは、故障で買い替えをしましょう!!

間違ってもHDD以外の故障は、修理しない!!

SSDにして、使用しない!!

今は良くても、近日中に後悔しますから!!

 

以上

店長でした。